早期予約購入割引でお得に飛行機旅行

早期予約購入割引でお得に飛行機旅行

格安航空券もさまざまな種類がありますが、安く飛行機に乗るならLCCが一番!と思っている人も多いのではないでしょうか。
確かにLCCの運賃は一般の航空会社と比較するとかなり安いのですが、その分座席間隔が狭い、預け荷物や座席の指定などいろいろな点でお金が掛かる、機内食や飲み物、エンターテイメントといったサービスが有料など、人によってはデメリットと感じる部分も少なくありません。

早期予約購入割引はお得


したがって、一度LCCは利用したけれどもやっぱりJALやANAといった大手航空会社の飛行機のほうがいいという人もたくさんいます。
それでもできるだけ安く利用したいという人なら、早期予約購入割引を利用することをおすすめします。
これは航空会社によって「早割」や「特割」などの名称で呼ばれている割引サービスで、搭乗日の数カ月から数週間前にチケットを予約・購入することで大幅な割引を受けることができる格安航空券のことです。
基本的には、売り出されてなるべく早く予約するのが最も安く購入できます。
路線や時期によりますが、80パーセント以上の割引を提供してくれることもある、パックツアーに勝るとも劣らない非常にお得なチケットです。
もちろん格安航空券とはいえども、さまざまなサービスは一般の航空チケットと同じ扱いです。

注意点もあります

ただし、いくつかの注意点があることは理解しておきましょう。
まず最初に、すべての路線や期間に早期予約購入割引サービスが存在していないので、自分の希望する方面や日にちに設定があるかどうかを確認しなければなりません。
また、早割が適用される座席数は限られているので、特に人気の路線や時期には売り出されるとすぐに売り切れてしまうこともしばしばです。
曜日によっても運賃が異なるので、もし日程が動かせるのであれば安い曜日に出発するほうがお得に利用できます。
そして早期予約購入割引で最も大きな問題が日程の変更ができない点です。
したがって、日程の変更をするのであれば一旦予約をキャンセルして新たに別の日に予約をし直さなければならないのですが、そのキャンセル料がかなり割高なのです。
場合によっては運賃の半額程度のキャンセル料になることもあります。
ですから、予定がしっかり確定してからでなければ航空券を購入するのは控えたほうがいいかもしれませんね。
こういったデメリットがあることをしっかり認識し納得したうえでならば、いろいろな手段がある中で早期予約購入割引を利用するのはお得に飛行機に乗る非常に有効な方法だといえるでしょう。