安く飛行機に乗るならLCCで決まり

安く飛行機に乗るならLCCで決まり

昔に比べると航空運賃も安くなって気軽に飛行機旅行もできるようになりました。
とはいえ、まだまだ他の移動手段と比較すると高いという人も少なくないかと思います。
大手航空会社では「早割」といった大幅割引サービスを提供していたりチケットショップでは格安航空券が入手できるので、それらを利用するのもいいでしょう。

LCCはやっぱり安い

しかしいくら「早割」や格安航空券であろうとも、やはりLCCの運賃にはかなわないでしょう。
とにかく安く飛行機に乗りたいのであれば、LCCが最もおすすめといえます。
実際に多くの人がLCCを使って飛行機旅行を楽しんでいます。
けれども、LCCを利用する際にはいくつかの注意点があることも知っておくべきです。

いろいろな注意点があるけれども…


最初の注意点として、価格の変動が激しい点が挙げられます。
たとえば、LCCのホームページで安い航空券を見つけたので友だちに報告してから買おうと思い翌日確認すると昨日よりも高くなっていることも珍しくありません。
このようにLCCは価格の変動が激しく、特にセールやプロモーションなどの「特価」のチケットはすぐに売り切れてしまいます。
安いチケットを見つけたら早めに購入する、これが大切です。
LCCが低価格でフライトを実現できるのは、サービスの簡素化も大きな理由といえます。
したがって、機内預け荷物や機内食、ドリンクサービス、ビデオなどのエンターテイメントサービスの利用は有料になります。
その他、座席指定やインターネット以外からの予約などにも支払いが生じます。
また、航空券のキャンセルや払い戻しは基本的に不可です。
ですから搭乗しなくてもキャンセル手続きをする必要はないのですが、お金は戻ってこないので悪しからず。
日程の変更は手数料と運賃差額が生じたならその分を支払えばOKです。
そんな無駄をしたくないなら、しっかりと予定を確定してからチケットを購入することをおすすめします。
LCCはチェクインや搭乗時間の締め切りが厳密です。
一般の航空会社なら搭乗者がまだ搭乗していない場合には空港内にアナウンスをしてお客がやってくるまで待ってくれるものですが、LCCでは少し遅れただけでも乗せてもらえないこともあると認識しておきましょう。
このようにLCCには事前に知っておかなければのちのちトラブルになる点もいくつかあるのですが、現時点において最も安く飛行機に乗る方法であることは間違いないでしょう。
しっかりとLCCのメリット、デメリットを認識して、賢く利用するようにしましょう。

Similar Posts:

    None Found